みなさんこんにちは!

この度、「eff子の自習室」を始めてみようと思います。

木や植物等に関する素朴な疑問について、自分なりに調べて勉強していければと思っています。

勉強の身の素人ですので、どうか温かい目で見ていただけますと幸いです。。。

(間違い等あれば教えていただけると嬉しいです!)

という事で、早速、今日の疑問について調べていきたいと思います。

今日は「林、森、山の違い」です!(←このくらいのゆるさ加減でやっていきます笑)

私は「木」について考える時、 “森の中に生えている木” のイメージが頭に浮かぶのですが、

この “森の中” が、 “林の中” や “山の中” とどう違うのか、

自分の中での感覚のちがいはあるのですが、うまく言葉で説明することができません。

そこで、それぞれのちがいについて改めて確認しようと思い、調べてみることにしました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「林」とは、、、、
・農林水産省の定義で「人工的につくられた樹木の密集地」
・林の語源は、”生やす”という言葉から派生した ”生やし”
・一般的には木と木の間隔があまり狭くないところを「林」という

「森」とは、、、、
・農林水産省の定義で「自然にできた樹木の密集地」
・森の語源は「盛り」
・一般的には、様々な種類の樹木が生い茂っているところを「森」という

「山」とは、、、、
・平地より高くなっている場所
 丘陵や台地よりも高度が高い場所
・人の住む場所に近い森林を「山」や「里山」と呼ぶ事もある
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(参考リンク→https://jmania.net/hayasi-mori/

私なりに簡潔にすると、、
 林と森 → その樹木の密集地が 人工的か、自然かのちがい
 山 → 樹木の有無は関係なく、高度が高い場所    

山というと木があるようなイメージを勝手にしていましたが、樹木の有無は関係ないんですね!

また、今まで『どうして林業の漢字は”森”じゃなくて”林”なんだろう』と思っていましたが、

人の手によって木を植えて育てて収穫する、という林業の仕事内容に当てはまると納得ですね。

林や森という言葉は、私たちの普段の会話の中では人工的かどうかに関わらず使われている場面もあると思いますが、

それぞれの言葉の意味を理解して、さらなる勉強につなげていければと思います!

ここまで、お付き合いいただいてありがとうございました。

また次回、お会いしましょう〜!!

effでは、植えて森にかえす、環境にやさしい製品を販売しております。

売上の一部は、植林事業に還元いたします。

ご興味がある方は、ぜひeffオンラインショップへお越しくださいませ。

※ eff子の自習室のコラムは、effオンラインショップの”読みもの” にてご覧いただけます。

その他コラムも、こちらのアーカイブより読んでいただけます。

ではまた!