クサギは、北海道から沖縄までの日本全国に分布しています。

 クサギの樹高は3m程度で、道端でも非常によく見かける落葉樹です。

 日かげと日なたの境目によく実生しており、線路沿いや電柱の下、石垣などから伸びていることが多いです。

 クサギはピンクと白色の花を咲かせます。

 アゲハ蝶の仲間が、よく蜜を吸いに集まっているのを見かけます。

「クサギ(臭木)」は本当に臭いのか!?

 になると、クサギのハート型の大きな葉は黄色く紅葉します。

 葉の形はイイギリの葉に似ていますが、紅葉は赤くならないので、区別できます。

 イイギリについては「美しい赤い実をつけるイイギリの魅力を紹介!ナンテン(南天)との共通点と違いとは!?」で紹介しています。

 もともと柔らかく産毛の生えたような葉なので、散る頃には傷んでいたり、丸く縮れていたりするものが多いです。

 葉に独特の匂いがあるので、「クサギ(臭木)」という名前が付けられました。

 臭いは燃やしたゴムのような、またはピーナッツバターのような匂いです。

 人によっては、ビタミン剤の匂いという人もいます。

 臭いの感じ方は人それぞれなのですが、決して「臭い」とは思わないはずです。

 ただ、他の木には無い独特な臭いなので、昔の人は「クサギ(臭木)」と名付けたのかもしれません。

 クサギを見かけた際は、ぜひ匂いを確認してみて下さい。

実は食べれるクサギの料理と魅力を紹介!

 独特な臭いがするクサギは、意外なことに「シソ科」です。

 大きなハート型の葉は薄く柔らかく若葉は茹でると匂いが消えおひたし」にして食べられています。

 また「天ぷら」にすると、美味しいそうです。(私は食べたことはありませんが)

 乾燥させた葉は「お茶」としても利用されており、飲めばリュウマチ高血圧に効果があるとされています。

 このように、クサギの葉の用途は多岐に渡ります。

 クサギの葉を料理して、佃煮お餅にしている動画(YouTube)がありましたので、興味がある方はぜひどうぞ。

クサギの果実は珍しい「青」の染料になる!?

 クサギは、秋に奇抜な色をした果実を実らせます。

 鳥に気づいてもらおうと果実は青色ガクは赤色なので、非常に目立ちます。

 また「ミッキーマウスツリー」の果実に似ていることでも有名です。

 青い果実は染料に使われ、鮮やかな空色に染めることができます。

 青色に染められる天然物の染料は非常に少なく、「」と共に重宝されてきました。

最後に -臭木を季語に使った俳句を紹介-

引用:芥川 千景さん (GANREF)

 クサギは夏に花を咲かせ、秋に果実を実らせます。

 今回紹介した「臭木」を季語に用いた俳句が「歳時記」で紹介されていたので、興味がある方はぜひどうぞ。

歳時記」← クリックするとサイトへ移動します。

 以上が「臭い木」と書くクサギ(臭木)は本当に臭いのか。実は食べれるクサギの料理と魅力を紹介!の説明になります。最後まで読んで頂きありがとうございます。

Woodyニュース」はTwitterFacebookでも、自然や森林に関する様々なニュースを配信しています。ご興味がある方はフォローして頂けると幸いです。

 またこの記事を読んで、少しでも森林や林業について関心を持って頂けると幸いです。

※アイキャッチ画像引用:ドリムさん (GANREF)