「森林の”7つ”の機能とは!? -放置された森林がもたらす影響- 」のうち、本記事では”水源涵養機能”についてご紹介していきます。

 まず「涵養」という言葉には、

涵養(かんよう):少しずつ養い、育てる

 という意味があります。

 この意味から、水源涵養機能は「水を貯め、その水質を改善する機能」であると言い換えることができます。

 本記事では、この「水源涵養機能」の以下の2つの役割を紹介していきます。

① 水量の平準化 -森林が「緑のダム」と呼ばれる理由-
② 水質の改善 -湧水がおいしい理由-

水量の平準化とは!? -森林が「緑のダム」と呼ばれる理由-

引用:O-DAN(オーダン)

 水量の平準化の役割には、さらに2つの機能があります。

 1つ目は、大雨が降った時の「洪水の抑制」です。

 川の氾濫を抑える効果があります。

 2つ目は、雨が一定期間降っていない時の「水が枯渇しないようにする機能」です。

 森林に降り注いだ雨は、枝や幹を伝って地表にたどり着き、ゆっくりと土壌へと浸透していきます。

 森林土壌が一定期間に浸透させる雨水の量は、草地の2倍、裸地の3倍とされており、森林土壌は大きなスポンジのような役目を果たしています。

 このため大雨が降っても洪水が起きにくく、また雨がしばらく降らない時でも、溜まった水が川へ流れていくため、川の水が枯渇しにくくなります。

 人や動植物が快適に生きていくためには、水の確保が重要な要素の一つです。

 日本は急勾配な山々が多く、もし地面が全てコンクリートや砂漠のような状態であると、ひとたび大雨が来るとあちこちで川の氾濫が起きてしまいます。

 また反対に、雨が数日間降らなければ、1週間もしないうちに川の水は干からびてしまい、人々の生活や動植物の生態系に大きな影響を与えてしまいます。

 このように水量の平準化には、水を貯めておく”ダム”のような役割があり、森林は「緑のダム」と呼ばれています。

 日本のブナ林には、特にこの機能に優れている木が多く、ブナの幹自体にも多くの水を蓄えています。(以下の記事参照)

「橅(ブナ)」という漢字表記は、「””では””い」という意味を表しています。

 これは”ブナ”が水を多く含んでいるため、乾燥した際に”割れ”が生じやすいことから、材木として使い物にならないという意味が由来とされています。

 しかしながら「緑のダム」としての役割を考えると、ブナ林はしっかりと森林環境を守る「森の母」と呼ばれる所以の木であることが分かります。

水質の改善とは!? -湧水がおいしい理由-

引用:AURISさん (GANREF)

 もう一つの重要な機能に、水質の改善があります。

 水は森林土壌を通過していくことで、水に含まれる”鉄分”や”養分”は木の根っこに吸われ、水質は改善されていきます。

 一方で、一般的なコンクリートダムの場合は、水が貯まるほど有機物が多くなり、水質は悪くなっていきます。

 これが、緑のダムとコンクリートダムの違いになります。

 しかしながらもちろんのこと、コンクリートダムは人為的に水量を調節できるため、干ばつや災害などの緊急時に対応できる役割があります。

 そのため、こと水質の改善に関しては、森林がその役割を担っていると言えるでしょう。

 また雨水には、”窒素”や”リン”の成分が含まれています。

 これらの成分は、樹木にとっての栄養素であるため、木の根っこより吸収がなされます。

 ”窒素”や”リン”は、主に苦味成分でもあるため、雨水が森林土壌を通過することで、おいしい水へと変化していきます。

 健康的な森林から流れる川の水や湧水はおいしいとされるのも、この森林の水質改善によるものです。

最後に -森林を次世代へ-

引用:O-DAN(オーダン)

 日本の森林率は70%であり、この「水源涵養機能」の側面を考えると、日本は世界的にも水に恵まれた国です。

 そのため森林を守ることが、水を守ること、生態系を守ることへと繋がり、次世代へこの森林環境を受け継いでいくことへと繋がります。

 以上が、”森林の「水源涵養機能」を紹介!湧水がおいしい理由とは!?“になります。最後まで読んで頂きありがとうございます。

Woodyニュース」はTwitterFacebookでも、自然や森林に関する様々なニュースを配信しております。ご興味がある方はフォローして頂けますと幸いです。

 またこの記事を読んで、少しでも森林や林業について関心を持って頂けると幸いです。ではまた。

※アイキャッチ画像引用:O-DAN(オーダン)