「林」と「森」との間には、どのような違いがあるのでしょうか。

 漢字の形で見ても、木が多くあるのが「森」というイメージがあります。

 辞書を参考にしてみます。

「森」
1. 樹木が多く、こんもりと生い茂っている所。
2. 特に、神社をかこむ木立。

「林」
1. 樹木がたくさん群がって生えている所。
2. 森に比べて、木々の密度の度合いが小さく、小規模の群落を指す場合が多い。

 しかしながら、これだけでは「林」と「森」の呼び名が変わる、その境界が分かりにくいと言えます。

 また別の観点として、人の手が加わっているかどうかという見方があります。(農林水産省の定義)

人の手が加わっている →「林」
人の手が加わっていない →「森」

 つまり、管理されているスギやヒノキの人工林が「林」で、白神山地に代表されるブナやミズナラのような天然林が「森」という見方です。

 たしかに、かつて里山で管理されていた「雑木林」や、人の手が加わっていない「鎮守の森」も、この定義に当てはめてみると納得がいきます。

 しかしながら、「原始林」や「ブナの原生林」という言葉があるように、必ずしもその意味に当てはまらない言葉も存在します。

 もったいぶった書き方となりましたが、本記事では、漢字のカタチで区別する方法を紹介していきます。

 結局のところ「林」と「森」の違いは、”漢字の形”のとおりに考えればスッキリとします。

「林」-年代・高さ・太さがほぼ同じ-

引用:マスクマンさん (GANREF)

 まずは、「林」についてまとめていきます。

「林」は、漢字の形からわかりますように、同じ”木の漢字が2つ並んでいます

 このことからも、”同じような木が群がっている場所”と考えることができます。

 そのため「林」は、

同じ”年代”の木であり、そのため”木の高さ”や”太さ”がほぼ同じである。

 と覚えることができます。

 つまり、伐採後に”萌芽更新”によってできたクヌギやコナラ等の「雑木林」や、植林によってできたスギやヒノキの「人工林」もこれに当てはまります。

「森」-低い木の上に大きな木がある-

引用:O-DAN(オーダン)

 次に、「森」についてまとめていきます。

「森」は漢字の形からも、2つの木の上に「大きな木」があると見ることができます。

 このことからも、”さまざまな年代の木が生い茂っている場所”であり、

低い木の上に、大きな木が立っている場所

 と覚えることができます。

 つまり、「森」は”年代・樹高・太さ”もバラバラで、木の上に木が生い茂っているイメージです。

 このように、漢字のカタチから考えることで、「林」と「森」を区別することができます。 

最後に -「森林」という漢字について –

引用:AURISさん (GANREF)

 最後に、これらの漢字が合わさった「森林」という漢字について、

 実際の「森林」では、”土砂災害”や”風倒木”などの被害が起こり得ます。

 そして、これらの場所から木が更新し、同世代の木々が成長することで「林」となります。

 そのため、「森」の中には部分的に「林」が存在し、これらをまとめて「森林」と呼んでいると考えると納得がいきます。

 しかしながら、ジャングルの「密林」やアマゾンの「熱帯雨林」など、本記事で紹介した定義だけでは当てはまらない場合もあります。

 一つの見方であると、理解していただけますと幸いです。

 以上が「漢字のカタチで理解する「林」と「森」の違いとは!?」の説明になります。最後まで読んで頂きありがとうございます。

Woodyニュース」はTwitterFacebookでも、自然や森林に関する様々なニュースを配信しています。ご興味がある方はフォローして頂けると幸いです。

 またこの記事を読んで、少しでも森林や林業について関心を持って頂けますと幸いです。

※アイキャッチ画像引用:marko1521さん (GANREF)