ウルシの樹液は、塗料や接着剤、漢方薬として用いられ、果実は漆ロウとして利用されてきました。

「ウルシ」という名前は、幹から漆が採取できることから「潤液(うるしる)」「塗液(ぬるしる)」が転訛したことが由来とされています。

 また、漆は非常に紅葉が美しいことでも知られています。

 このことから、紅葉の美しさを意味する「麗しの木」から由来したという説もあります。

ウルシ・ハゼノキ・ナンキンハゼ蝋

引用:urushist_feeljさん(instagram)

 ウルシは、初夏に黄緑色の小花を咲かせ、秋になると光沢のある淡黄色(クリーム色)の実を付けます。

 ウルシの実はツヤツヤしていることから、ヤマウルシの実と区別することができます。

 そして熟した実は、蝋の採取に用いられます。

 また、ウルシは「雌雄異株」です。

 雄株は、漆採集の目的に植栽され、漆の品質が良いです。

 漆生産の品種は、主に2種類あり「モチハダ」と「ナシハダ」が有名です。

「モチハダ」の方が、樹皮は滑らかで品質が良いとされています。

 そして、この雄株を1ha当たり800〜1,200本程度を目安に、植栽や育成がなされます。

 しかし雄株は、果実を少数しか実らせないため「漆ロウ」の生産には向いていません。

 そのため「漆ロウ」の生産には、主に雌株が用いられていました。

 漆の採取が終わる晩秋から初冬にかけて、果実を採取していきます。

 この果実を温め、圧搾すると「漆ロウ」ができ、これを冷やして固めることで「和ろうそく」を作ることができます。

 性質としては、ハゼノキから採る「木ロウ」に似ています。

 ウルシやハゼノキの他にも、ナンキンハゼの果実は種子に油脂を多く含んでおり、40%程の歩どまりで蝋を抽出することができます

 昔は、この種を袋に詰め、床磨きの天然ワックス剤としても使われていたとか。

タネを植える際の注意点とは!?

引用:urushist_feeljさん(instagram)

種のまわりに蝋がついているのです。
これを昔は蝋燭にしていました。
手間をかけた種を丁寧に撒いても発芽率は10%程度。
良い種を見極め、発芽率を上げたい。
必死の試行錯誤が続けられています。
事件は現場で起きている⁈
期待しています。

urushist_feeljさん(instagram)

 ウルシの種は、非常に発芽しにくいことで有名です。

 これは、種表面のロウ(油)成分のコーティングが原因です。

 水と油は混ざらないことはご存知の通りですが、この油のコーティングにより、給水性が悪くなります

 樹木の種は、地面に落ちた直後の給水が、発芽するかしないかの命運を分けます。

 ドングリの場合は乾くと芽が出ないため、落ちると早々に、ドングリの尖った先から根を出し、地面から水分を確保します。(以下の記事参照)

 しかしウルシの種は、そのロウ(油)成分により、種内部まで水分は浸透していきません

 これは、他のハゼノキやナンキンハゼも同様です。

 結果、種子をそのまま播いても、その年には全く発芽せず、長い時間をかけて少しずつ発芽しするため、生育速度も遅いです。

 そのため種は必ず、発芽を阻害するロウ成分を取り除くために、発芽促進処理を行う必要があります。

 そして処理を行った後、吸水させて膨らんだ種を播く必要があります。

最後に -子孫を残すための方法-

引用:saitoutetuyaさん (instagram)

 ウルシやハゼノキ、ナンキンハゼの果実には、油脂を多く含んでいます。

 そのため、発芽には時間を要します。

 しかし、その栄養たっぷりの種子は野鳥に人気があります。

 野鳥による種の散布は、種をより遠くへ運ぶため、より適した環境で子孫を残すことのできる方法でもあります。

 一長一短ではありますが、このように樹木の世界では、子孫を残すための様々な戦略が取られているようです。

 以上が「タネを植える際の注意点とは!?ウルシ・ハゼノキ・ナンキンハゼ編」になります。

 最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

Woodyニュース」はTwitterFacebookでも、自然や森林に関する様々なニュースを配信しています。ご興味がある方はフォローして頂けると幸いです。

※アイキャッチ画像引用:O-DAN(オーダン)