ムラサキシキブ(紫式部)は、樹高3m程の木日本各地の低山に、数多く実生しています。

 林道の林縁にも見られるので、目にする機会も非常に多いです。

 ムラサキシキブは一見すると、ただのヤブ木ですが、秋に淡い黄色の紅葉と、美しい紫色の実が熟し、一変します

 実は小粒ながらも、その明るい紫色は鮮烈です。

引用:yuckeyさん (GANREF)

 黄色の紅葉と、紫色の実の控えめながらも鮮やかな色のコントラストは、名前の由来の通り奥ゆかしさを感じます。

 また、ムラサキシキブは落葉樹であり、葉が散った後も実は残ります

 冬山に実だけが残った木は、晩秋の名残惜しさを感じさせます。

 ムラサキシキブの名所としては、京都・嵯峨野の正覚寺が有名です。

 落葉樹と常緑樹については「松竹梅はなぜ ”縁起良く” ”めでたい” 樹木とされているのか!?」で紹介しています。

ムラサキシキブの名前の由来とは!?

引用:ムックンさん (GANREF)

 名前の通り紫の実をつけることから、紫式部を連想して「ムラサキシキブ」と名付けたそうですが、少しだけ違うようです。

 「玉ムラサキ、京にては紫シキミ

大和本草, 1709年)

 このように、京都では重なりあった紫色の実紫重実(ムラサキシキミ)と呼び、これが作家の紫式部を連想させたことが名前の由来であるそうです。

 ともあれ、林道で紫の実を見かけた際は、「ムラサキシキブ!」と反射的に声を出してしまいそうな、非常に覚えやすい名前です。

 秋に赤や黄色に熟す実は非常に多いですが、紫色となると、まず少ないです。

 また、「ムラサキシキブ」という名前の良さも手伝い、観賞用の樹木として人気が高いです

 しかし、ほとんどがコムラサキと混同されていることが大半なのだそう。

似ている樹木一覧 -どれも同じでややこしい-

 ムラサキシキブと葉や実が非常に似ている樹木を紹介します。

 しかし一見すると、どれも同じでややこしいです。

 なので参考程度に。興味がある方はぜひどうぞ。

「コムラサキ

 樹高1.5m程で ”ムラサキシキブ” と比べると小型であるが、実の数が非常に多く、広く庭木などで植栽される。

オオムラサキシキブ

 長さ20cmにもなる葉は ”ムラサキシキブ” よりも厚くて大きい。また花や実も一回り大きいことが名前の由来。暖かい気候を好む。

ヤブムラサキ」

 ”ムラサキシキブ”と比べ、大きな葉や花に細かな毛が多いのが特徴。”ふわっ”としたビロードのような手触り。日本各地で見られる。

「ウラジロコムラサキ」

 ヤギの食害の影響で絶滅寸前の種に指定されている(環境省レッドリスト)。小笠原諸島の固有種で父島では絶滅し、兄島に少数の個体が残っているとされる。葉や枝に毛が密生し、葉の裏側は白っぽい。

最後に -紫式部日記-

引用:ちびべぇさん (GANREF)

 「源氏物語」の作者「紫式部」は、藤原道長の要請で宮中に上がった際、その宮中の様子を書いた「紫式部日記」を執筆しています。

 この日記には、他の宮仕えのライバルに対する辛辣な批評が数多くあることで有名です。

 その中で、『枕草子』の作者「清少納言」に対する、心に刺さる手紙 (消息文) がありましたので、紹介します。

 「清少納言こそ したり顔にいみじうはべりける人 さばかりさかしだち 真名書き散らしてはべるほども よく見れば まだいと足らぬこと多かり」
 得意げに真名(漢字)を書き散らしているが、よく見ると間違いも多いし大した事はない

引用:『紫式部日記

 これは紫式部から私へ送られた手紙のようです。(勘違い

 はい、精進します。

 以上が「ムラサキシキブ(紫式部)の木とは!?名前の由来と紫色の実の魅力を紹介!」の解説になります。最後まで読んで頂きありがとうございます。

Woodyニュース」はTwitterFacebookでも、自然や森林に関する様々なニュースを配信しています。ご興味がある方はフォローして頂けると幸いです。

 またこの記事を読んで、少しでも森林や林業について関心を持って頂けると幸いです。

※アイキャッチ画像引用:てんこパパさん (GANREF)