秋晴れの青空に映え、日本の秋を彩る風物詩です。

 そのため、柿の木の紅葉をご存知ない方も多いのではないでしょうか。

 葉は一枚ずつ紅葉し散っていくため、目立たないのかもしれません。

 しかし、その1枚は赤や黄茶色や緑が入り混じっており、鮮やかでありながら渋さがあり、非常に味わい深い紅葉です。

 紅葉にある緑の斑点も、他の紅葉にはない独特な雰囲気を感じさせます。(病気虫食いによるもの)

 落葉後も柿の実はしばらくは残り、冬山の雪化粧した柿には風情があります。

 本記事では、秋の味覚”柿”の魅力と柿の豆知識をまとめて紹介します。

万葉集の歌人・柿本人麻呂との関係とは!?

引用:たーさん (GANREF)

 その紅熟した実から「赤き実のなる木」が語源となり「柿の木」と呼ばれるようになりました。

 万葉集の歌人、柿本人麻呂(660年-724年)の性にも含まれる”柿”は、奈良時代(710年-794年)以前より中国から渡来したとされています。

 当時の柿の木はまだ珍しく家に柿の木が植えられていたということで、”柿本”という性がついたそうです。

柿が赤くなると、 医者が青くなる

引用:ninjyaさん (GANREF)

 秋の味覚を代表する柿には甘柿渋柿があり、甘柿は日本で誕生しました。

 渋柿は干し柿にすると、甘柿よりも甘くなります

 ”根”は強心剤として韓国では薬局で売られているようです。

 同じく、クスノキから採れる樟脳は強心剤に用いられています。詳しくは「京都府立植物園で紅葉ライトアップされるクスノキ並木を紹介!年2回紅葉するクスノキの魅力と歴史を解説!」で紹介しております。

 ””には殺菌効果があり、葉で握り寿司を包んだ「柿の葉寿司」は奈良や和歌山の名産物として知られ、葉はそのまま食べることができます。(一般的には柿の葉は取って食べる)

 また、葉に含まれているビタミンCレモンの数十倍以上と言われています。

 その葉から作られる「柿葉茶」はビタミン類とミネラル豊富で、健康に良いです。

 近年では、花粉症の予防に効果があるとされ、葉の成分を使ったサプリメントも商品化されています。

 花粉症の原因とされる杉については「花粉のイメージ!? 日本にスギが多い歴史と対策」で紹介しています。

 柿が赤くなると、 医者が青くなる。

 このように、栄養源が不足していた時代では、医者の診療が必要ない万能薬として重宝されていました。

桃栗三年、柿八年

引用:Orfeuさん (GANREF)

桃栗三年、柿八年」という有名ながあります。

 これは柿のタネをまいてから実ができるまでの期間を表しており、非常に長いです。

 このことから「何事も成就するまでにそれ相応の年月がかかる」という意味で使われています。

 最近では、接ぎ木の技術が発達し、4年程で実ができると言われています。

秋の味覚”柿”の種類を紹介!

引用:ハマッ子YKOさん (GANREF)

 柿は”タネのあるなし”、”甘い渋い”で呼び名が変わります

  • 完全甘柿:種がなく甘い(富有, 次郎
  • 不完全甘柿:種の周りは甘く、種がない部分は渋い(禅寺丸, 筆柿
  • 完全渋柿:種があってもなくても渋い

タンニン」という成分が渋みの原因であり、本来すべての柿は”渋いもの”だったそうです。

 タンニンについては「秋の味覚 ”クリ”の紅葉の魅力と歴史を紹介!」「ドングリの木・コナラの紅葉と魅力を紹介!薪や炭の材として生活に欠かせなかった雑木林を代表する木」で紹介しています。

干し柿には渋柿が使われている

引用:山風さん (GANREF)

 干し柿には渋柿が使われています

 渋柿の甘みは”タンニン”によってかき消されていますが、実は渋柿の方が甘みとなる糖分を多く含んでいるそうです。

 タンニンは水溶性です。干し柿を作る際、渋柿にアルコールを噴霧し、天日乾燥することでタンニンは固まり不溶性となるそうです。

 不溶性となったタンニンは渋みを感じないため、甘い糖分だけを感じる干し柿ができています。

 最近では「遠赤外線乾燥」により、柿色がそのままに仕上がった干し柿も出回っています。

柿材としての価値と魅力とは!?

引用:ペンカン(瀞川)さん (GANREF)

 柿材の木質は緻密で硬く、ゴルフクラブのヘッドにも使われており、特にアメリカガキを使った物は「パーシモン」と呼ばれていました。

 柿材は非常に硬いですが、粘りがなく折れやすいです。

 柿材で「クロガキ」と呼ばれ、色の縞や柄が生じ、黒い縞模様が入った木材は非常に珍しいです。

 模様に味わいがあり、普通の柿材と比べさらに硬い銘木ですが、産出量が極めて少ないです。

 クロガキは茶室の床柱茶道具などに使われています。

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

引用:北狸さん (GANREF)

 「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」(正岡子規)

 法隆寺に立ち寄った後、茶店で一服して柿を食べると、途端に法隆寺の鐘が鳴り、その響きに秋を感じた

1895年10月26日『海南新聞』

 正岡子規の最も有名な俳句であり、松尾芭蕉の「古池や蛙飛びこむ水の音」と並んで俳句の代名詞として知られています。

 法隆寺については「法隆寺の柱は生きている!?日本人と木の深い関係」で紹介しています。

 また、この俳句が出版された10月26日は「柿の日」となっています。

最後に -人と動物の共生とは-

引用:kosaiさん (GANREF)

 柿は鳥獣にも大人気です。

 そのため祖父はよく、実った柿をすべて取らずに残していました

 田舎ではよく見られる光景ですが、最近では野生動物の餌になっているという指摘があります。

 鹿の数が増加し山の食料が少なくなった現在、猿や熊がこの美味しい実を目当てに山里へ降りてきます

 鹿については「ナンキンハゼの紅葉名所は日本で奈良公園だけ?そこには鹿との複雑な関係性があった」で紹介しています。

 人と動物の、共生はバランスが非常に重要です

 自然に近い仕事をしている身の上、すでに人間の手が加えられた世の中では、この難しさに答えがないように思えてしまいます。

 食べ物とは何でしょうか。本来の自然とは何でしょうか。

 以上が「秋の味覚”柿”の魅力とは!?干し柿用いられる渋柿の豆知識を紹介!」の解説になります。最後まで読んで頂きありがとうございます。

Woodyニュース」はTwitterFacebookでも、自然や森林に関する様々なニュースを配信しています。ご興味がある方はフォローして頂けると幸いです。

 またこの記事を読んで、少しでも森林や林業について関心を持って頂けると幸いです。

※アイキャッチ画像引用:onchanさん (GANREF)