「山林不動産を高く売却したい」

「森林の価格はいくら?」

「どういう手順や方法で売却するの?」

 とお考えの方は、本記事を参考にして頂けると幸いです。

不動産会社と林業会社どっちに依頼すべき?

 本記事では、不動産会社と林業会社のどっちに依頼した方が、山林不動産を査定するのかについて紹介しています。

 結論から述べると「林業会社に依頼した方が高く買い取ってくれます

 これは林業会社が山林不動産を見積ると「土地」と「立木」の価格を合算した金額となるためです。

 不動産会社は「土地」の価格のみを見積ります。

 それぞれの査定ポイントは以下になります。

  • 土地価格:地目・接道状況・傾斜
  • 立木価格:樹種・樹齢・木材市場状況

 この「立木価格」は林業会社でしかないと見積ることはできません。

  • 森林経営計画の策定
  • 補助金制度の活用
  • 適切な主伐や間伐の実施
  • 丸太搬出路の開設
  • 木材の販売ルート

 があって初めて「立木」の価格が決定されるためです。

 そのため山林不動産に関しては、林業会社に査定を依頼することをお薦めします。

不動産会社に依頼した場合の相場はいくら!?

 山林不動産を「不動産会社」に依頼した場合「土地価格」のみの査定金額になります。

 山林不動産の「土地価格」は以下の国土交通省のサイトで検索することができます。

 以下に、山林の「土地価格」の検索手順を紹介します。

1. 国土交通省のサイトへアクセスし「地価公示 都道府県地価調査」をクリックする。


2. 「都道府県単位で検索」にチェックを入れ、調べたい都道府県をクリックする。
※今回は例として秋田県を調べます。


3. 「林地(都道府県地価調査のみ)」にチェックを入れ、検索をクリックする。


4. 検索結果から所有林近くの住所や地番を確認すると、10a当たりの土地価格が分かります。

 10a(アール)は1000平米(㎡)であり、検索結果の「土地価格」を1000で割ると「1㎡当たりの土地価格」になります。

 また土地価格は、山林奥地ほど安く、都市近郊ほど高くなります。

 山林不動産の相場は、ざっくり言うと宅地の100分の1程度の単価になります。

 以上が、不動産会社に依頼した場合のおよその相場になります。

不動産会社に査定依頼する場合の手順を紹介!

 実際に不動産会社に査定依頼し、簡単に査定金額を比較・検討する方法をご紹介します。

※林業会社に依頼する際は、お問い合わせフォームに必要事項を記入の上、弊社にご連絡下さい。

HOME4U」を利用すると、複数の不動産会社に一括査定を簡単に依頼することができます。(以下のサイト参照)

 また複数の査定結果より、大体の「土地価格」の相場を知ることができます。

 簡単に査定を提示してもらうことができます。

 依頼方法は、以下の「その他」にチェックを入れ「山林」と入力します。

 あとは地番などの必要情報を入力することで、簡単に不動産会社に依頼することができます。

山林の売却を不動産会社に依頼する際の仲介手数料

 山林の売却を不動産会社に依頼する際の「仲介手数料」は法律で定められていません。

「宅地」の場合は「宅地建物取引業法」によって以下の仲介手数料が定められています。

  • 200万円以下:5%
  • 200万円〜400万円:4%+2万円
  • 400万円以上:3%+6万円

 しかし「山林」の売買には、このような法律がありません。

 そのため表を参照に、適切な仲介手数料を表示する不動産会社へ依頼しましょう。

林業会社へ依頼する場合:弊社へご連絡下さい

 以上が「山林不動産の売却手順と相場を紹介!不動産会社と林業会社どっちに依頼すべき?」になります。

 結論、林業会社に依頼することで「土地価格」だけではなく「立木価格」を算出した査定金額となるので、不動産に依頼するよりも高い金額になります。

 実際の立木価格の例は、以下の記事で紹介しています。

※林業会社は「立木価格」で山林を査定するため、山林状況によっては依頼をお断りさせて頂くことがあるのでご了承ください。

※境界線がはっきりしていない場合は、境界線の策定や、隣接する森林所有者との調整が必要になってきます。(以下の記事参照)

 利害関係が複雑な場合も同様に、査定をお断りすることがあります。(要相談)

 以上の点をご理解の上、山林売却をご希望される方は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

 「Woodyニュース」はTwitterFacebookでも、自然や森林に関する様々なニュースを配信しています。ご興味がある方はフォローして頂けると幸いです。

※アイキャッチ画像引用:りりぞうさん (GANREF)