「森林伐採は環境破壊だ」というイメージを持たれている方は多いと思われます。

 皆さんご存知の通り、木は光合成により空気中の二酸化炭素を吸収し酸素を排出する事で、大気中の二酸化炭素量を減らし、地球温暖化の進行を抑えます。

森林伐採は二酸化炭素を削減し地球温暖化を止める!?

引用:O-DAN(オーダン)

 では、なぜ森林を伐採する事が地球温暖化を止める事に繋がるのでしょうか。

 本記事は、森林伐採が地球温暖化を抑える理由について解説しています。

 現在お持ちの森林地で経営・管理を始めたいとお考えの方のご参考になると幸いです。

はじめに

引用:O-DAN(オーダン)

 戦後70年が経ち、日本の森林は先人の努力によって、現在、戦後造林された人工林を中心に本格的な伐採期を迎えています。

しかし、所有者の高齢化、森林経営・管理者の減少により、伐採期にある人工林は日本全体の年間成長量の40%以下しか活用されていないのが現状です。

 詳しくは、以下の記事で解説しております。

樹齢によって二酸化炭素排出量が上回る!?

引用:O-DAN(オーダン)

 樹木は日中は光合成のため酸素を排出し、夜間は呼吸のために二酸化炭素を排出します。

 森林が二酸化炭素を吸収する理由は、光合成を行い成長するためです。

 成長が終了した樹木はほとんど光合成は行わず、呼吸は続いているので二酸化炭素吸収効率は低下します。

樹齢50年前後の樹木の主伐・間伐を行う

引用:O-DAN(オーダン)

 11〜40年までの若い樹木が二酸化炭素をより多く吸収する事が分かります。(以下参照)

引用:林野庁

 人工林(スギ、ヒノキ、カラマツ)は主に針葉樹から構成されており、人工林が地球温暖化防止のために果たす役割は大きいです。

 また「パリ協定」の制定により、日本には2030年度には二酸化炭素排出量を26%減らす(2013年度比)目標が課せられています。

 これにより、現在日本は目標達成に向けた早急な地球温暖化対策が求められています。

 国土の70%を森林が占めている日本では、森林が担当する二酸化炭素排出削減目標も高く、2030年までに、年間平均52万ヘクタール(1ヘクタール当たり100m x 100m )の主伐(皆伐)や間伐の実施が必要となります。(愛知県の面積に相当)

 詳しくは、以下の記事で解説しております。

植林・間伐・主伐の森林サイクルを作る

引用:農林水産省

 以上が「森林伐採は二酸化炭素排出を抑え地球温暖化を止める!?」の紹介になります。

 最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 高齢化した森林を伐採・間伐し、新しく植林する森林サイクルが地球温暖化の抑制に貢献します。

 林業会社が行う各林作業については、以下の記事で紹介しています。

最後に -森林地の現状-

引用:O-DAN(オーダン)

 現在、森林所有者の高齢化、森林経営・管理者の減少により、管理されずに放置され、荒廃した森林が多くなっています。

 また所有者の方がお亡くなりになった場合、森林地区画が不明となるケースが多く、私たち林業会社も確認が取れず、放置されているのが現状です。

 この記事を読んで、ご親族の方に所有されている森林の経営・管理について一度お話されるキッカケになると幸いです。

 以上が「森林伐採は二酸化炭素を削減し地球温暖化を止める!?」の解説になります。最後まで読んで頂きありがとうございます。

Woodyニュース」はTwitterFacebookでも、自然や森林に関する様々なニュースを配信してます。ご興味がある方はフォローして頂けると幸いです。

 またこの記事を読んで、少しでも森林や林業について関心を持って頂けると幸いです。

※アイキャッチ画像引用:O-DAN(オーダン)