””は何十年もかけてゆっくり成長し、””は環境や場所を選ばず、成長スピードも速いです。

 また一見すると、幹や枝葉を作る””よりも、””の方が構造がシンプルであるため、”草”が先に誕生したイメージがあります。

 しかし、””のような”草本性”の植物が誕生したのは、恐竜時代の終わりである”白亜紀後期(約1億4,500万年前〜6,600万年前)”であり、実は”木”の誕生よりも後であるとされています。

 本記事では、そのような植物の”起源”について紹介していきます。

 最後まで、お付き合い頂けると幸いです。

”草”と”木”どっちが先に誕生したのか!?植物の起源を紹介!

引用:O-DAN(オーダン)

 ”木”や”草”は、人類の祖先が誕生するよりも、さらに以前より誕生しました。

 地球の誕生は今から”約46億年前”であり、最初の生命が誕生したのは”約38億年前”とされています。

 そして、光合成を行う植物の先祖である”藻植物”が誕生したのは”約35億年前”であり、地盤の隆起により、”5億年前”に”植物”が上陸しました。

 また、”海藻”と”植物”が同じように”緑色”を呈しているのも、この起源が関係しています。(以下の記事参照)

 その後、海の浅瀬から徐々に生息地を拡大し、植物を支える”根”や”茎”、”葉”が発達し、シダ植物が大量発生しました。

 恐竜の誕生が”約2億3000万年前”、人類の先祖の誕生が”約6500年前”とされているので、植物はそれよりもはるか昔から、地球上に存在しています。

”木”の起源と進化の歴史とは!?

引用:O-DAN(オーダン)

 ””は恐竜時代に、シダ植物から進化を遂げ、巨大な”木”となりました。

 恐竜時代は気温も高く光合成に必要な二酸化炭素濃度も高かったために、植物の成長が盛んに行われ巨大化しました。(以下の記事参照)

 そして、巨木についた”木の葉”を食べるために恐竜も巨大化し、さらに”木”も恐竜に食べられないように巨大化していきました。

 このように”木”と”恐竜”は、共に進化をしていきました。

 そうしてさらに、植物は”シダ植物”から”裸子植物”や”被子植物”へと進化を遂げていきました。(以下の記事参照)

”草”の起源と進化の歴史とは!?

引用:O-DAN(オーダン)

 ””である草本性の植物が誕生したのは、”白亜紀後期(約1億4,500万年前〜6,600万年前)”であり、この時代に大陸は分裂し、気候が変化していきました。

 このように、生息していた環境が不安定になると、植物はゆっくりと巨木に成長する余裕が無くなります

 そのため、短い期間に成長して花を咲かせ、種子を残して子孫を繁栄させる”草”が誕生したと言われています。

 このように生命の危険が脅かされる際に、子孫を残す習性は、現代の「スギ花粉」にも見られる現象でもあります。(以下の記事参照)

 この他にも、植物はさまざまな方法で子孫を残す方法を試行錯誤し、進化を遂げてきました。(以下の記事参照)

”草”と”木”の構造的な違いとは!?

引用:O-DAN(オーダン)

 ””には「形成層」と呼ばれる”成長層”があり、この層が成長することで”幹”が太くなっていきます

 また、季節によって成長速度が異なるため”年輪”ができます。

 日本では、太陽光が十分にあり、光合成が活発に行われる”夏”にもっとも成長し、”冬”に成長速度が遅くなります

 そのため、”木”が常に成長できる熱帯地域では、通常年輪ができません。

※”洪水”や”干ばつ”などの環境の変化によって、成長量に変化が生じた場合には年輪ができることもあります。

 一方、””には形成層はなく、ある程度で成長が止まります

 すなわち”木”と”草”の違いは、この「形成層」の有無が挙げられます。

 ””は形成層はありませんが、例外的に”木”に分類されています。(以下の記事参照)

最後に -もともと自然界には区別はない-

引用:O-DAN(オーダン)

 このように、”草”と”木”はそれぞれ進化を遂げてきましたが、たとえば”竹”が存在するように、自然界には明確な区別はありません

 しかし、それでは私たち人間が理解できないので、さまざまな区分を作って分類し、理解してきました。

 たとえば富士山は、ずっと裾野が広がっており明確な境界はないように思います。

 植物は環境に応じて適応してきたために、約5億年ものあいだ絶滅することなく生き延びてきました。

 このように植物の生き方は、ずっと”臨機応変”で”自由”であるのでしょう。

 以上が「”草”と”木”どっちが先に誕生したのか!?植物の起源を紹介!」になります。最後まで読んで頂きありがとうございます。

Woodyニュース」はTwitterFacebookでも、自然や森林に関する様々なニュースを配信してます。ご興味がある方はフォローして頂けると幸いです。

 またこの記事を読んで、少しでも森林や林業について関心を持って頂けると幸いです。

※アイキャッチ画像引用:O-DAN(オーダン)