街路樹は、私たちにとって最も身近な存在です。

 しかし、街路樹の種類を見分けれる方は、少ないと思います。

 普段何気なく見ている街路樹でも、見分けれるようになることで、景色が変わってきます。

 本記事では、葉の形で街路樹の種類を見分ける方法についてご紹介します。

 最後まで、お付き合い頂けると幸いです。

小さな葉の集まり-エンジュ・ニセアカシア編-

 葉は、そのつき方によって単葉と複葉に分けられます。

 葉の軸(葉柄)に、葉っぱが1枚付いたものを単葉と呼び、複数の葉っぱが付いたものを複葉と呼びます。

 花札でお馴染みのフジの葉は、小さな葉が羽状になっていますが、これを羽状複葉と呼びます。

 フジやエンジュ、ニセアカシアなど、マメ科の樹木には羽状複葉を持つものが多いです。

 エンジュは中国原産の樹木で、漢字で「槐」と書きます。

 北京のエンジュ並木は、世界的にも有名です。

 エンジュとよく間違えられる「ニセアカシア」はハリエンジュの別名で、アメリカが原産です。

 初夏に咲く「ニセアカシア」の花は、白く房状に垂れ下がっていますが、その開花よりも遅く咲く「エンジュ」の花は、淡黄色で上向きに咲くことが特徴です。

 この違いによって「エンジュ」と「ニセアカシア」は、区別することが出来ます。

 花の開花時期や、色の違いの他にも、エンジュの小葉は、ニセアカシアよりもやや小ぶりで、卵の形をしていることからも区別することが出来ます。

 また、黒くゴツゴツした樹皮のニセアカシアに対して、エンジュの樹皮は、灰色で縦の割れ目も浅いことでも見分けることが出来ます。

※ニセアカシアについては、以下の記事でも紹介しております。

トチノキは手のひら形の葉が特徴

 トチノキの葉は5〜7枚の小さな葉が、手のひらの形のように集まっているのが特徴です。

 これを掌状複葉と呼びます。

 葉は非常に大きく、小葉の中央のものは、30cm程になります。

 全国の森林に自生する樹木でありますが、街路樹としてもよく見かけます。

 並木として有名なパリの「マロニエ通り」は、トチノキの近種の「セイヨウトチノキ」とも呼ばれていますが、トチノキに比べて葉は小ぶりで、小葉が丸みを帯びていることでも見分けることが出来ます。

※トチノキについても、以下の記事で紹介しております。

細かなギザギザ葉の形で見分ける-トウカエデ・モミジバフウ編-

 トウカエデは、東京の街路樹の中で、イチョウ・プラナタスに次いで多く植えられている樹木です。

 カエデの語源は「蛙手」とされているように、カエデ属のほとんどが、蛙の手のような形で分裂した葉を持ちます。

 一般に「モミジ」と称されるイロハカエデの葉は、5〜7烈しますが、トウカエデの葉は3烈なので見分けることが出来ます。

 葉の形がトウカエデ似ている「フウ」は、「楓」の漢字が当てられていますが、カエデ科はなく「マンサク科」であるため、ややこしいです。

「トウカエデ」と「フウ」を見分けるには、葉っぱと樹皮に注目します。

「フウ」の葉にはギザギザがありますが、トウカエデにはギザギザがないので、この点で見分けることが出来ます。

 このギザギザの形を「鋸歯」と言います。

 また、トウカエデの樹皮は褐色で、よくハゲるのが特徴です。

※「トウカエデ」や「モミジバフウ」については、以下の記事でも紹介しております。

ひし形の葉が風に揺れるポプラの木

 ポプラの木と言えば「非常に背が高い木」であります。

 ポプラは、ヤナギ科ハコヤナギ属の総称です。

 そのため”ポプラ=ハコヤナギ”とされています。

 全国の森林に自生する「ハコヤナギ」や北海道大学の並木で有名な「アメリカハコヤナギ」、新宿御苑の「セイヨウハコヤナギ(イタリアンポプラ)」など、海外から輸入された樹種もあります。

 東京の街路樹として植えられているのは、樹高が低くて、暑さにも強い「カロリナハコヤナギ」です。

 艶のあるひし形の葉を持ち、よく風に揺れています。

※「ヤナギ」については、以下の記事で紹介しています。

最後に -街路樹とは-

 今回は葉の形で、街路樹の種類を見分ける方法についてご紹介しました。

 普段、通勤・通学で何気なく見ている街路樹も、このように名前や特徴を見分けることで、景色が変わるはずです。

 また、樹木を見分けるにはポイントや、分類で覚えていくのが最も覚えやすいと思います。

 しかし、やはり実際に目で見て覚えるのが一番です。

 ぜひ、通りすがりの樹木を観察してみてください。

 本記事が、その参考になると幸いです。

 以上が「葉の形で街路樹の種類を見分けよう!トウカエデ・モミジバフウ・ポプラ・エンジュ・ニセアカシア・トチノキ編」になります。

 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Woodyニュース」はTwitterFacebookでも、自然や森林に関する様々なニュースを配信しています。ご興味がある方はフォローして頂けると幸いです。

 またこの記事を読んで、少しでも森林や林業について関心を持って頂けると幸いです。