FIT制度 (固定価格買取制度)は、2012年度に導入されました。

 対象となる再生可能エネルギーは「太陽光」「風力」「水力」「地熱」「バイオマス」です。

 この5つのエネルギーのうち、いずれかを用いて発電した電力を”固定の値段で買い取る”制度が、本タイトルの”FIT制度”です。

 これまでに、この”FIT制度”が国の政策として、大規模に推進されてきました。

 ”FIT制度”に、期待される効果として、以下のメリットが挙げられています。

・再エネ発電の”普及
・発電規模の”拡大
・習熟効果による、再エネ発電の”コストダウン

 そしてこの再エネ発電が、従来の火力発電などと互角に市場競争できるレベルになることが、最終目標として定められています。

 こうして、2012年度より導入されたFIT制度は、”国からの補助金制度”や”グリーン投資減税(2018年3月31日終了)”などとともに普及し、特に「太陽光発電」は一般家庭に広く普及していきました。

”バイオマス発電”が普及した背景とは!?

引用:O-DAN(オーダン)

 他の再生可能エネルギー (太陽光・風力・水力・地熱)と同様に、FIT制度によってバイオマス発電が普及しています。

 木質チップを燃焼させて発電する「木質バイオマス発電所」は、2012年のFIT制度の開始より、全国に491ヶ所が認定されています。(2017年3月末時点)

引用:日本木質バイオマスエネルギー協会

 一般的に、バイオマス発電所の発電方法は基本的には同じで、その燃焼させる”原料”が以下のように異なります。

・生ゴミなどを発酵させ作る”バイオガス
・各家庭から集められた”可燃ゴミ
・主に間伐材から作る”木質チップ
(以下のリンク先でわかりやすく説明されていました。)

 主なバイオマス発電の仕組みは、原料を燃焼し、発生した”熱”によって蒸気(スチーム)を作り、蒸気タービンを回して発電する方法です。

 この直接燃焼の方法は、世界的にも古くからある成熟した技術分野となっています。

 そのためもあり、”FIT制度”の開始後、バイオマス発電所が全国各地で普及していきました。

 また、工場などで使用する100°Cを超える”熱”を、再生可能エネルギーから得る方法としては、このバイオマスを燃焼する方法が唯一のものとなっています。

 これは、他の再生可能エネルギー (太陽光・風力・水力・地熱)では、得られる”熱”の温度に限界があるためです。

 このようにバイオマス発電では、”発電”と””の効率的な利用が期待されています。

 そのためドイツでは、総合熱効率 (燃焼により発生した熱がエネルギーに変換される割合)が60%以上のものを、FITの適用条件としています。

 しかしながらバイオマス発電は、他の再生可能エネルギーと比べ、発電所を建てた後も”継続的に原料を購入”する必要があるため、どうしても化石燃料による発電コストに比べて、割高になってしまうデメリットがあります。

木質バイオマス発電による間伐材利用の増加

引用:O-DAN(オーダン)

 日本は「パリ協定」のもと、2030年度までに26.0%減 (2013年度比) という”温室効果ガスの削減”を、国際公約として掲げており、

 木質バイオマス発電においては、FIT制度による再生可能エネルギーの利用はもちろんのこと、

 ”伐採木材製品(HWP)”による間伐材の搬出システムの実現が期待されています。(以下の記事参照)

 現在日本では、年間に約2000万m3もの”間伐”が行われています。

 FIT制度が始まり、買取単価32円/kWhの”木質バイオマス発電”によって、このうちの30% (600万m3)が、森林から搬出されて燃料として利用されるようになりました。

引用:資源エネルギー庁

 しかしながら、バイオマス発電に利用する木質チップのほとんどが輸入であり、特に木質チップを発電所へ、安定的に供給する”量”を間伐できていないのが現状です。

 また、バイオマスの発電用だけではなく、紙などの”パルプ材”としても木質チップは利用されています。

 そのため間伐材の利用が求められている現在、この”需要”の増加とともに、間伐材の”供給”をも見直していく必要があります。

最後に -弊社の取り組み-

引用:O-DAN(オーダン)

 しかしながら林業業界は、全国的に年々減少する”林業従事者”の数と、それによる”高齢化”が問題となっています。

 弊社では取り組みとして、京都府内での”講師活動”や”若手の育成”を行っています。

 またこれに伴い、1年前より本Woodyニュースサイトを始めました。

 これらを通じて、少しでも森林や林業について興味を持って頂けますと幸いです。

 以上が「<バイオマス発電> 固定価格買取=FIT制度とは!?」になります。

 最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

Woodyニュース」はTwitterFacebookでも、自然や森林に関する様々なニュースを配信しています。ご興味がある方はフォローして頂けると幸いです。

 ※アイキャッチ画像引用:O-DAN(オーダン)